PROFILE  ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  COMMENT  LINK  RECOMMEND  CONTACT
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2008.07.22 Tuesday

黙祷



日々是メニュー

・アクティブヨガ
・練習スイム





熱中症には要注意かも!と思いつつ参加したハセツネ講習会当日は曇りがちでガスもでているという、暑すぎず寒すぎずのトレラン日和でした。

この日の講習会では、昨年のレースで痛ましくも起こってしまった滑落事故現場で参加者一人一人が献花。それぞれが短い祈りをささげ、その場所を通過しました。

場所は小河内峠を過ぎて少し行ったところ。

その道は痩せ尾根のシングルトレイルで、左側はすっぱりと切れ落ちており、行く手の先の右側に、緩やかとは言いがたい、やや急なカーブを描いておりました。ちょっと油断していたら、昼間でもそのままカーブに気づかず直進してしまいそう。

これまでのハセツネの歴史の中で一度も事故が起こらなかったのが不思議!と、参加者からはそんな声もあがっておりました。現在この場所にはロープが張られて立ち入れないようになっており(注意が喚起されており)今回のレースからはより安全な右手のコースを通過するようになっています。
2008.07.21 Monday

7月ハセツネ講習会



日々是メニュー

ハセツネ講習会:
月夜見山駐車場→御前山→鞘口山→大ダワ→神ノ戸





田中御大の華麗な下り!が上手く撮れておりませんでした。
ガスってたからなぁ……

書きたいことは多々あるのですが眠気がMAX……
書き残したい!とは思ってます。
時間があれば(泣)
2008.05.25 Sunday

生かさず殺さず



日々是メニュー

昨日:
ハセツネCUP講習会 トレイルランニング12km





ハセツネCUP第一関門22.66km地点 浅間峠

昨日、第二回目のハセツネCUP講習会に参加してきました。

実走コースは、笹平→市道山→醍醐丸→生藤山→浅間峠→上川乗
走った距離は12kmと短めなのですが、走行スピードが速い速い(汗)
標準コースタイムのほぼ半分のスピードで山道踏破しちゃってます。
っていうか、笹平から市道山へ一気にあがる急登をコースタイムの半分で
登っちゃった、っていうのは一体……
登りのタイムってこんなに短縮できるものだったっけ(遠い目)
はっきり言って、ハセツネコースではないこの登りが今回一番きつかったです(泣)
走ってる方が全然楽だった。

今回の実走タイムでハセツネコースを走りきれれば、13時間30分でゴールできる計算になります。ま、長丁場なのでそれは確実に無理ですが、本気で17時間ギリ狙ってみようかな〜とちょっと思ってみたり……

浅間峠からの下山路は、トレーニングのつもりで全速力で下ってください!と言われ、それでは!と頑張ってみたところ、わずか12分で降りてくることができました。
標準コースタイムでは50分かかる道のりですよ。走れるって本当スゴイ……。
途中で転げるかと思ったけど(汗)

その後、光明山荘の温泉で汗を流してからテーピングの講習会。

私は走り終わった後、足首の内側の特定部分が痛くなることがよくあるのですが、講師の方に訊いてみたところ、痛くなるその部分は靭帯なのだそうです。ここでしょ?と軽く押されて、イタタタタ……と。あー、今日は痛みはでてないと思ったんだけどな。
というわけで、予防のためのテーピング方法も教えていただけたので、しばらく試してみようかと思います。ハセツネCUP講習会、本当に至れり尽くせり……

そう、第16回日本山岳耐久レース・ハセツネCUPの申し込みが6月2日から始まるそうです。申し込み期限は6月27日ですが、事務局の方曰く、1週間くらいで定員になっちゃうんじゃないかなぁとのことでしたので、狙っている方は早めに申し込みをした方が良さそうです。あと、ハセツネCUPの講習会ですが、6月に関してはまだ空きがあるそうですよ。興味のある方は→安全走行講習会をクリック。

今回のタイトルは、ハセツネ講師・田中御大の山中でのお言葉から頂きました。
トレイルランニングの極意を端的に表現されております。
耐えられる苦しさをキープする、って事ですね……
2008.04.28 Monday

ハセツネカップ講習会・4月



日々是メニュー

おととい:ハセツネカップ講習会・実走12kmくらい?
きのう:外ラン往復6km+皇居1周5km 計11km
今日:皇居で出来るトレイルランニングトレーニング講習会 2周10km





7km地点の入山峠
ここまで走ってハセツネコースの1/10弱



続きを読む >>