PROFILE  ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  COMMENT  LINK  RECOMMEND  CONTACT
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2009.11.28 Saturday

馬の骨ライブ@AX



堪能してきましたー!!!
こけら落としのライブがいまひとつピンとこなかったのでそんなに期待していなかったのですが、今一度惚れ直して帰宅の途につきました。クワトロより音響も演出も良かった、というのはもちろんあると思うのですが、成長して戻ってきてくれたなぁ(感涙)

まとまりがあり、隅々まで小気味よく行き届いた演奏。
やっすんの声に溶けるコーラス。

特に感動だったのはアルカディアでのギターソロシーン。ヤスではなくサイドギターの男の子の演奏だったのですが、いいね、いいね、いいねーと舞台中央からアイコンタクトを送り続けるやっすんが大人の余裕でステキでした。

なんだかんだ思っていましたが、やっぱりライブはいい!
ってかやっぱりヤスが好き☆ということを再確認。

ライブ終了後は女子4名で肉食系がっつりご飯。
運ばれてくる肉に嬌声をあげながらもライブ感想などを交えて楽しい一時。今度は4年も待たせずに、せめて2年後くらいにまた新しいアルバムを出してくれたらなぁと思いますよ。
2009.11.06 Friday

馬の骨ライブ





水曜の夜は渋谷クワトロで馬の骨ライブでした。
スタンディングでしたが、整理番号50番台で入場してみると、フロアを取り囲むカウンター席が奇跡のように空いていて、一瞬躊躇したものの、そそくさとその席をGET。4年前なら迷わずステージ前3列目くらいのやっすん激近な立ち位置目指して突進していたと思われるのですが、愛が薄まったのかなぁ(苦笑)
でも、おかげでゆっくりと、大人の余裕でライブを堪能することが出来ました。こんなのもたまにはいいかも。
初日ということで、ちょっとまだまとまっていない部分もあったような気がしましたが、ツアーをまわり終わった最終日のAXではどんな音を聞かせてくれるのか、今からとても楽しみ☆

私的に惜しいなぁと思ったのは「クモと蝶」のあとにキリンジのあの曲をもってきたとこ。いや、聴けると思ってなかったのですんごく嬉しかったのですが、インパクト強すぎた。楽しみにしていたクモと蝶の余韻がふっとんじゃったのが残念。キリンジ曲は、やってくれると嬉しいのですが、イントロ聴いた途端に色めきたってしまうのと、あぁ、ここのコーラスがアニだったら、マシロさんだったらとか、いらないとこで聴き比べてしまうので、いいんだか悪いんだか、といったかんじではありました。

ライブの後はATさんといつもの寿司屋で食事とお酒。
最近、彼女と呑んでも記憶を失わないようになったのが淋しいような。大人になったって事ですかね。ライブがあるたびに地方遠征していた昔を、枡酒呑みつつ懐かしんだりしてみた秋の夜長。さ、次はAX!
2008.07.11 Friday

ひからびた言葉をつないで



日々是メニュー

・階段トレ ×1



昨日の筋トレのレッスンの真っ最中、バーベルを頭上に上げているときに、首の後ろを違えるような違和感が走りました。すぐさまバーベルを降ろしたものの、ひょっとしてやっちゃった?みたいな鈍い不吉な感覚が左の首の付け根付近にわだかまってます。この時点ではまだ痛みはないのですが、でも、いわゆる首がまわらなくなるという状態に陥る、多分その前兆かもな予感。

気のせいだったらよかったんですが、痛みはやっぱり眠っている間にやってきて、寝返りを打つたびに首に激痛を感じて飛び起きる始末。そのうちに体が慣れてきて、浅い眠りの中で首を守りつつ、そろーりそろりと、まるで一本の丸太のような状態で、寝返りを打つ術を覚えてゆくのですが。

痛みを我慢しつつ出社した職場では、名前を呼ばれると、体ごとぐるりと振り返るという、まるでロボットのごとき有様で仕事。果ては、受けた電話の受話器をいつものクセで耳と肩の間にはさんでメモをとろうとして、思わずうぎゃっと小さく悲鳴。一日中そんなひどい有様だったので、どうしようかなぁと悩んでいたのですが、やっぱり行ってしまいましたよ、夜のサンボライブ!

せっかくとっていただいたチケット、無駄にするわけには!

という意気込みで赴いたのにもかかわらず、ライブ中継すっとばして、手っ取り早くライブ後、なんですが……。

痛みが大分マシになってることに突然気がつきました。
ってかさ、かなーり踊ってたしというか跳ねてたし?
その時って、首、全然痛くなかったよね?

推察するに、多分興奮のあまり血管が拡張して血流が良くなった事に加え、脳内になんらかの怪しい快楽物質が放出されて、それが痛みを和らげる結果になったのではないかと。

サンボってまじすげーと、その効能にびっくり!

この記事のタイトルは、サンボマスターの“青春狂騒曲”の歌い始めから。
この後は、それでも僕らシンプルな想いを伝えたいだけなの、と続きます。
今日のライブのラスト曲は、私とサンボの出会いの曲でした。

ひからびた言葉をつないでそれでも僕らシンプルな想いを伝えたいだけなの

その言語感覚にぞくっとしたのを
まるで昨日の事のように鮮やかに覚えています。
2008.06.16 Monday

愛しのルーティーン



抱きしめてくちづけるかどうかはともかくとして、やっと、ヘイカモン!ルーティーン♪という心境になりつつある今日この頃です。

いや、先週、先々週はしんどかった。行けばすっきりするのがわかっているのに仕事が終わってもジムに行くだけの気力がどうしてもわかず、私より一ヶ月先に仕事を始めた同僚と業務終了後にグチ呑みをしたりもしていましたが、この調子ならなんとかやっていけそうかなぁ。

記事タイトルはキリンジアルバム「DODECAGON」の中のヤス楽曲から頂きました。ありがとやっすん。

昨日の日曜日は楽しみにしていたそんなキリンジライブで心の潤いをチャージしてまいりましたようるるんるん。ステージ上で足踏みしながら拍子をとっているやっすんはいつもの事ながら大変に愛らしかったです。

祝☆メジャーデビュー10周年!