PROFILE  ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  COMMENT  LINK  RECOMMEND  CONTACT
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小雪がくれる小確幸 | main | 秋のわんこ散歩と防寒着 >>
2010.11.18 Thursday

わんこモデルは大変だ!

11月9日付けの記事→ で小雪がわんこモデルをしてきた事を書いたのですが、補足しておきたい細かな記憶があるので、覚え書き程度に残しておこうかと。

スタジオに入ってコーディネーターさんとカメラマンさんにご挨拶をすませると、まず案内されたのはお部屋の片隅に置かれたわんこ用トイレ。「小雪ちゃん、ちっち出来るかなー?」って訊かれたので、ためしに「小雪ー!わんつーちっちだよ!ワンツーチッチ、ワンツーチッチ」と、いつものちっちコマンドを発令してみたところ、素直にちっちをしたので驚いた飼い主。家の中ならともかく、環境の違うこの場所で出来るとは思わなかったよ?ともあれ、これで粗相の心配がなくなりました。

1.jpg

最初の数枚は、実はこんな風にカラダを固定しながら撮影していただいていたのでした。バシャバシャと、耳元ではすごい怖い音に聴こえるに違いない大きなシャッター音がするし、フラッシュは強烈だしで、びっくりぎょうてんしていた小雪。ひー、トラウマになるんじゃない?って心の片隅で思いましたが、それよりも飼い主が気になって仕方がなかったのは、パソコンのモニターに映し出される小雪の姿。いや、小雪が可愛く写ってる♪とかそういうことではなく(それもちょっぴり思ったけど^^;)カメラマンさんが小雪を押さえているはずの手が写ってなくて、小雪の姿だけがちゃんと写っているのに驚いたのでした。どんな仕組みなんだろう?と思いつつ「人間の手だけ除去できるソフトがあるんですねー!」って、思わず感想をもらしてしまった素人感覚丸出しの飼い主だったのですが、でも、もちろんそんな都合の良いソフトがあるわけなく、正解は、シャッターを切るタイミングで、カメラマンさんがぱっと手を放すのだそうで……。アシスタントさんに、苦笑されてしまったけど、それにしたって機材手持ちだよ?ブレないのか?プロってすごい!って、めちゃくちゃ感心いたしました。だって、放すその手が飼い主には全然みえていなかったんだもの……


2.jpg

小雪が少し慣れてくると、


3.jpg

「小雪、お前頑張れるか?」
「んー、自信ないですけど、できるとこまで頑張ってみる、です…」

などという、カメラマンさんとの、そんなやりとりがあったのかどうか……


4.jpg

いきなり撮影がハードになっちゃいまいましたよ(泣)

「はーい小雪ちゃん、立った姿勢はそのままで、目線はこっちにおねがいしまーす!」
(む、むりー!by 飼い主心の声)


6.jpg

「そうそう、そのままで、目線はこっちにねー!」
(ひー足のあいだにおもちゃはさんでるよ。む、むりー! by 飼い主心の声)


5.jpg

「台の上に立ってみようか!」
(む、むりー!小雪、プロのモデルさんじゃないですから!by 飼い主心の声)

その他にも「しっぽの位置が悪いねー」で、インしちゃってるしっぽを引っ張り出されたりもしていた小雪。よく頑張ったね、偉かったよ!

今回わんこモデルをさせていただいて、撮影って、ちょっと訓練に似ているなーって思いました。

集中させてマテさせて、そのあいだにいろんな小道具おかれても集中を継続させる練習だったり、大きなシャッター音やフラッシュに慣れる練習だったり、好きじゃないけど、でも我慢が必要なときには、逃げないで我慢しなきゃいけない!ってことを覚えてもらう練習だったり。

なにより撮影の合間に、飼い主が人目もはばからずに、小雪と遊べた、というのは、かなり大きな収穫でした。小雪を楽しくさせて、テンションあげて、気持ちよーくお仕事していただけるようにしなければ!って必死だったのですよ。犬を飼っていない人があのときの私の姿を見たら、たぶん「何やってんの?おかしいんじゃない?」って思うだろうな……

===========================
ブログランキングに参加しています
===========================
閲覧の方、お時間があったら、イタグレバナーをポチッとクリックして応援していってくださいね。

「プロのカメラマンさんに記念に撮っていただく」から、「仕事だから頑張れ!」って、撮影の途中から気持ちが完全に切り替わっていった飼い主に、お疲れ様のクリックいただけると嬉しいです!って、一体いつの話だよ!ってつっこみはなしの方向でー

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

ブログ村 イタリアングレーハウンド

応援ありがとうございます☆
===========================

ユメ先生によると、わんこモデルの最低条件は「マテ」が出来る。そして、「カラダのどこを触られても嫌がらない」なのだそうです。そういう意味では、今回の小雪は、まずまず「合格!」だったかなーと。しっぽをつかまれたときは本当にびっくりしましたもん。それ、他のわんこにいきなりやったら、おもわず噛んじゃう子いるんじゃない?って^^;
コメント
コメントする